検査設備

上部内視鏡検査(胃カメラ) 大腸内視鏡検査 苦痛の少ない大腸内視鏡検査を目指して 当院の大腸内視鏡予約状況 最新の消毒設備 リカバリールーム

内視鏡設備

上部内視鏡検査(胃カメラ)

上部内視鏡検査は、口、又は鼻から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸を観察することで病気の有無を調べる検査です。
検査時間は約10~15分程度です。
当院では、患者様の苦痛を減らすため、患者様と相談の上、検査時の鎮静・鎮痛剤の使用も検討させていただきます。
少し、ボーっとした状態で検査を受けていただくことでのどを通過するときのゲーっとする感じや観察時のお腹の張り感を
和らげることが出来ます。
(検査後はフラつきがなくなるまで十分休んでからご帰宅いただきます。検査当日のご自身での自動車での来院は
ご遠慮ください。)
また、経鼻内視鏡もございますのでご希望の方は医師にご相談ください。


大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、内視鏡を肛門から挿入し、大腸と小腸の一部を観察し、病気の有無を調べる検査です。
検査時間は約20分~30分程度です。
当院では、検査中に発見されたポリープは改めての検査や入院をすることなく、その場で切除することが可能です。
(ただし、大きなポリープや出血のリスクがある場合は医師の判断で入院をおすすめする場合があります。)


苦痛の少ない大腸内視鏡検査を目指して

1. 当院の大腸内視鏡検査は注水法を用いて行なっています。注水法とは、腸内に空気の代わりに水を注入しながらカメラを
  挿入することで必要以上に腸が膨らむことがなく、挿入時の痛みが格段に少なくなる当院独自の方法です。
2.大腸内視鏡検査は患者様の手術歴や体型などによっては癒着で痛みが出る場合があります。
  当院では、鎮静・鎮痛剤などの使用も考え、なるべく痛みの少ない検査を心がけております。
  過去、大腸検査で痛みが強かった方はお気軽に医師にご相談下さい。
3.当院では、処置などにより検査時間が長引く場合などの観察に炭酸ガスを使用しています。これにより、
  腸管内のガスの吸収が早まり、検査後の張りによるお腹の痛みを抑えることが出来ます。


当院の大腸内視鏡予約状況

当院では、年間約1700件の大腸内視鏡検査を行なっております。
現在では2週間程度先の予約をお取りすることが可能です。


最新の消毒設備

使用した内視鏡は、日本消化器内視鏡技師会内視鏡機器に関する洗浄・消毒ガイドラインに則り、
内視鏡検査における感染防止に努めております。


リカバリールーム

リカバリールーム
 内視鏡が終わったあとにお休みができるお部屋も完備しております。







■トップページ  ■ごあいさつ・丹羽病院基本理念  ■診察案内  ■内視鏡検査  ■入院のご案内
 ■医療連携室  ■人間ドック  ■アクセス  ■当院実績  ■上部内視鏡検査・超音波検査について
 ■診療情報の提供および個人情報の保護について  ■採用情報
 ■在宅療養をご希望の患者様・在宅療養されている患者様へのお知らせ

〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪406 代表TEL:0465-34-3444 
© 2015 Niwa Hospital All Rights Reserved.